敗者の産声

陰の者

きゅーぽけオフ2019冬の陣の書き溜め



ほんとは表でオフレポ書く気満々だったんですけどよく考えたらレポート書いてもらう側じゃね?とか対戦メモのとりわけ負け試合がうーんだったのでこっちで簡単に


◯使ったの

陽気ミミ@珠

じゃれシャドクロかげ剣舞

陽気ドリュ@チョッキ

地震アイヘ岩封ドリル

図太いドヒド@ヘドロ

熱湯毒トーチカ再生

腕白ガア@オボン

ボディプ鉄壁身代わり羽

臆病ミトム@混乱実

ドロポン放電悪波悪巧み

臆病ニンフ@スカーフ

ハイボマジフレショック光の壁


◯それぞれのポケモンと並びについて

ミミ...相手のダイマックスを皮切り剣舞ダイマ(+ダイ守る)で切り返す運用が本当に強い、ほとんどの試合で彼にダイマを切った

ドリュ...電気入りのサイクルへの圧力、ダイマの有無にもよるけど打ち合える相手が多くてほぼ選出してた、因みに今オフでは一度もドリルを打たなかった(ガア出てこなかった)

ドヒド...置物、ロトムザンキッスのどれかがいるだけで本当に出さないけどサザンだけならスカーフニンフとセットでたまに出せる、スタンダードな構築(ヌオー不在)なら毒の枠が霧だと思うのだけど相手の交換読み行動等へのリターンや誤魔化しを意識して毒にした

ガア...前日まで技構成を悩んだけど今のとこはこれでよかった、物理相手は広く相手ができてボディプの通らないミミもほぼ珠なので身代わりに技を打たせて削る立ち回りができた(かなり苦しい)

ミトム...相手のアマドヒド、キッスをメタった構成にしたけど受け系はおらずキッスはミミで相手したので出さなかった、要らない訳では無いと思う

ニンフ...サザンをはじめとした竜、ロトムあたりへの潰しを担う枠、ドヒドヌオーの某氏を参考にした、ドヒドが交換を誘発しやすく交換読みのアドを取れるので個人的に感触が良かった


元々はミミやドラパを安定して受けるためのドヒドを軸とした受け回しとこちらのドラパやミミを対面的に通すメンツのハイブリッドだったけどダイマックス勢の攻撃性能や受ける傍らに相手にかける負担の低さがネックになって少し攻撃的にシフトした

ダイマックスを相手に吐かせてこちらのダイマックスで切り返す(こちらのダイマックスだけが通るターンを作る)というのが一番強いと思っているので発売1ヶ月の今においてはそれを地でいくミミッキュがとても手に馴染む

ただ崩し枠とミミを見れる駒が同居し始めると今後苦しくなってくるんだろうなぁと感じてる

一方ドラパルトのダイマックスをうまく使おうと思うとどうしても先に吐きがちになり、通すタイミングが上手く掴めずまた単純に火力が気になりパーティから抜けることになった、この使い方はドリュで少し慣れた感じがあるのでまたリベンジしたい


◯オフの反省

運営として。剣盾発売でそんなに間もない中でのオフで不安があったけど対戦時間の間延び等は参加者のお陰で杞憂に終わった。身内が多いのもあったけど運営もつつがなく進めることができ今の時点では及第点だったんじゃないかなと自賛と自戒が半々。

ただ一つ大きな反省が配信、スクリーン準備のもたつき。決勝3決を控えた対戦者に負担を与えてしまったり待ち時間を冗長にしてしまったのが心残り。快く応対してくれた4人や手伝って下さったサッかみさんには本当に頭上がんない。個人的に当日の朝からしっかり準備しきれんかったり慣れがなかったのでちょっと勉強せんとなって感じ。因みにbgm、ジムリーダー戦にしてハイッハイッハイハイハイハイウォーウォオーしたかったんだけどライブ大会はbgmの設定が出来ない。ライブ大会のレイアウトは良かったのでキムが言ってた映像は第三者Switchのライブ大会、音はpcからってのが一番良さそう。ここら辺が次回検討点。

ただ一つ大きな反省とか言った手前で書いててもう一個思ったのは参加者との交流。運営してる都合そんなバリバリに絡みに行ける訳ではなかったけどサークルに所属してないような所謂一般参加の人も10弱はいたようなのでお話ししておきたかったなぁ。自分のブロックにいた九大の1年君(きゅーぽけではない)とお喋りしてサークルに入っていなくとも潜在的な対戦プレイヤーはいるのねって感じたのでそういう層が来やすいオフも目指したい。それはそれとしてきゅーぽけおいでよ。


◯個人的にあれこれ

若い衆と上の代の皆さんとが両方たくさん参加して下さったのが本当に嬉しい。とりわけ4位以上に同学年のshinとバレル、6回生の代のヴァイスさんとゆきさんが立ってたのが象徴的。自分があの場に立っていたかった悔しさも大いにあるけどそれ以上に感慨深いものがあった。

あとはブロックや他のサークル員と喋る中で内外の1年生とよく絡んだけどまー有望。彼らがモチベ持ってサークルを安泰させていってくれると良いなぁなんて老いたことをちらりと思ったり。

対戦、ブロック0-2から始まった時はわい今世代下手や...死のうとか思ったりしたけどそこから持ち直して4-2で1位抜けできたのでまあ捨てたもんじゃないわわい。決勝リーグの初戦でゆきさんに喫した敗北がもー文句のつけようもなく自分のダメ感のなさ(対戦経験の浅さ)からくるプレミと心の弱さみたいなのが招いた負けだったので過去1レベルで負けたあと落ち込んでいた。キムに慰められたり(あり)ダソンに煽られたり(4ね)して落ち込めるときに出来る限り落ち込んだのでその後は寧ろモチベが湧いてる。やっぱ運に託けられないくらい自分が弱いと情けないしね。

今回の対戦の裏テーマとして運を押し付けてないってのが今になってみると思う。薄々感じた人もいるかもしれないけど。ドリルも打ってないし熱湯火傷お祈りもしてないし7世代からするとなかなかの進歩だとか思ったけど事実はグライやグロスを使ってた時のような悠長なプレイングや綺麗な対応のできないパーティ(誤魔化しの利く範囲が広いと良い言い方もできる)だと今のとこは勝ちきれないというのが正しいのかもしれない。ドリュのドリルは満足な試行回数稼げないし裏は受けきれないし切り返しのトリルなどもパーティに仕込みにくい。どうにも前作とは違う人間にならないとダメだなと強く感じる。苦しい。


◯終わり

スタッフの面々と来てくださった皆さんに深々感謝。ベッドで三点倒立しながらこれ書いてます。至らんとこもたくさんあったけどお褒めの言葉も貰ったりして色んな人に実りあったようで良かった。スペシャルサンクスみんなだ。長々読んでもらってこれまたありがとうございます。それでは!