敗者の産声

陰の者

NPF


真面目なのを書いて表の方にあげようと思ってるから簡単にちょっとだけ。



運営としての喜びとプレイヤーとしての喜び両方をゲットしてとても満足。



言ってしまうと運営なんて名ばかりでスタッフ会議には全然出れなかったしちゃんと発言をした覚えもないけどちょっとした気遣いで参加者の人にお礼言ってもらえるのはそこら辺の後ろめたさを吹き飛ばして嬉しい。


突貫工事で簡単なものではあったけど自分が作った賞状を映えあるトーナメント上位陣がみんなに向けて掲げてるとこを見るとああ良かったなって心から思った。



あとはプレイヤーとして。前のシーズンぼこぼこに負けたからめちゃくちゃ萎えてたけど今回はどこかで見たような名前が連なる中64人規模のベスト8に入れて、もうちょっとだったなって悔しさを持ちつつもある種自分もまだ捨てたもんじゃないなって嬉しくもある。


最後の試合それはもう哀れな負けだったけどそれでも悔しさあるところまだ自分にも勝ちを求めてるところがあるのかなってなんとなく。


それとついっとしたけど繋がり。関西圏やら中部圏の同年代とわりとお喋りしてffになってまた縁があったらなぁって感じ。次の遠征の一個モチベになるよね。こうやって全く違う地域の人と繋がれたのが大分収穫だったなぁ。


福岡かららま先輩とかあいまるくんとか来てくれてたからわりと安心してたところがあった。お疲れ様でした。


主催のぱるみちんさん重ね重ねお疲れ様でしたありがとうございました!



多分同じような内容をもっかい書くけど帰りの車内でパッと思いついたこと書き留めてる。


それでは。